マカオについて

マカオの概要

マカオの総面積は29平方キロメートル
人口56万人
通貨パタカMOP(香港ドルHKDも使用可、ただし、おつりはパタカで帰ってくる)
言語ポルトガル語と中国語(一般的には広東語が広く使われている)
1999年に中国から返還

 

交通手段〜マカオへのアクセスはいろいろあります。

 

フェリー

 

一般的に最も多く利用されているのが、香港とマカオ間を結ぶ24時間運行のフェリー(所要時間60分)です。香港の乗り場はおもに3箇所あります。最も頻繁に発着便があるのは、24時間運行中の香港島の上環(シャンワン)です。九龍サイドの尖沙咀(チムサーチョイ)からも出ていますが、最終便が夜22:30となります。香港空港からも1〜2時間おきと本数が少ないですが、夜20:00まで出発便があります。
マカオでは、マカオフェリーターミナル(マカオ外港)とタイパ港(コタイ地区)の2箇所となります。
香港以外では、中国本土各主要都市(広東省)や深セン空港とマカオを結ぶ路線があります。
(香港と中国本土から高速船) 

 

飛行機

 

世界各地、中国本土各地からの直行便がマカオまで飛んでいます。日本からは、成田と関空から直行便が出ています。

 

ヘリコプター

 

香港から出ています。所要時間は15分で、あっという間に到着します。時間がないときやマカオでカジノに勝った時の帰りにはオススメです。(*´∀`*)。

 

価格はHKD4,100〜4,500(54,940〜60,300円)です。運行時間帯は9:30〜23:00です。夜の夜景が楽しめます。

 

バス

 

お隣りの珠海や広東省の主要都市と結ぶバスが定期運行されています。

 

港珠澳大橋

 

香港とマカオ、珠海を結ぶ世界最長の海上橋「港珠澳大橋」が現在建設中で、2016年に完成予定となっています。この橋ができると香港〜マカオ間が道路で結ばれます。世界最長の海上橋2016年完成へ

 

 

ベネチアン情報

>>>メインメニューへ戻る<<<

マカオについて記事一覧

フェリーターミナルを降りてから

マカオの入国審査場を過ぎて外に出ると各ホテルの看板を持った人が並んで立っています。シャトル乗り場は地下道を通って道路の反対側の駐車場になります。向かいの駐車場はマカオグランプリの看板が大きく出ています。地下道へ向かう標識が出ています地下道へ降りる地下道をくぐる道路の反対側の駐車場へエスカレーターで上...

≫続きを読む

 

無料でカジノ体験

応援クリックお願いします